mizukiの体験談

【最短当日】【自宅でPCR検査】利用してみた感想

コロナが猛威を振るう中、どうしても帰省しないといけなかったり、用事で遠出する時ってありますよね。でも、もしも自分が感染してしまっていて、旅先で広げてしまったり、大切な人を感染させてしまわないかとても心配。それは、自分だけでなく、その旅先や帰省先で待っている人達も同じく不安な気持ちです。筆者は、昨年の11月に関東から九州に帰省する際に、初の、「自宅でできるPCR検査」を実施しました。今回は、実際、利用してみた感想について書きたいと思います。

 PCRキットを申し込んで、結果が来るまでの期間

まず、PCR検査をしようと思い立ったのが、帰省する 1週間前でした。ちょうど年末にかけてコロナ患者が増加し出した頃で、正直、帰省は諦めた方がいいとも考えました。しかし、その帰省の理由というのが、婚約していた方との入籍と両家の顔合わせ会でした。私や彼、両親全員が長い期間楽しみにしていただけに、みんなの体調が良好で、感染対策を万全にするという約束で、予定通り行うことにしました。しかし、それでも不安は付き物で、思い切って自宅でできるPCR検査をやって見ることにしたのです。日曜日にネットで申し込みをしましたが、出発がその週の土曜日...果たして間に合うのか不安でしたが、水曜日に検体採取用のキットが手元に届き、木曜日に速達で送り返したら、金曜日には結果が届きました!ギリギリ!申し込む際に速達で届けてもらうようにすると次の日の月曜日には届くそうです。結果、申し込みから検査結果が届くまでの期間は1週間かかりませんでした。受け取り場所等で採取検体を持ち込むと最短で当日3時間以内に結果が分かるそうです。

 家にキットが届いてからの流れ

キットは火曜日には、手元に届くはずでしたが、受け取りが必要だったため、不在届けが代わりに入っていました😭そんなこんなで、キットが手元に届いたのが水曜日の夜。木曜の朝に、唾液をぺっと採取して、説明書通りに梱包したらポストに投函して作業はおしまいです。私は、速達で送りたかったので、それ分の料金の切手と同封してあった速達シールを貼る作業が追加されましたが、全部含めても、出勤前の朝にできるほど簡単でした。木曜の朝にポスト投函したあと、結果は事前に登録したメールアドレスに送られてきます。私は、金曜日の夕方ごろに結果が届きました。結果見るときは、心臓がバクバクするほど緊張しました。陰性だった結果をみんなに伝えて、喜びあったことを今でも覚えています。以上が、PCRキット到着からの簡単な流れです。

 自宅でできるPCR検査キットの種類と費用について

今回、私が利用させて頂いたのは、CMでもよく見かけることで有名な「にしたんクリニック」さんです。私が申し込んだのは、抗原検査のみです。ネットで、「自宅でできるPCR検査」と検索すると以下のようなサイトが主に見つかるので費用や返送方法などを比較してみました。※費用は税抜き価格

また、検査結果の各種証明書等などの発行もでき、それを追加する場合は費用が上がるようです(5000円くらい?)。申し込みから結果が届くまでの期間は、どちらも1週間程度で、速達を使ったり、受け取り場所へ持ち込むことでさらに期間は狭めることが出来ます。個人的には、平日でも合間を使って、ポスト投函ができたことが便利でした。

 実際利用してみた感想

正直、PCR検査の精度からしても、検査結果のみを鵜呑みするのは安易であると頭では分かっていました。しかし、実際、「陰性」という結果を見た時はとても心強かったです。気休めではあるかもしれませんが、家族や大切な人との大事な時間を、安心して過ごせたことは確かなので、受けてみてよかったと感じています。顔合わせ会も十分気をつけながら無事に終えることができ、参加者全員とも現在、元気で過ごせています。

現在は、ますます外出が困難ですね....早く、不安のない日常が戻ってきますように。

-mizukiの体験談
-, ,

© 2024 Biolog〜バイオのフリーイラスト〜 Powered by AFFINGER5